2022年8月13日土曜日

リニューアル後の初訪問でした

待ってました、真打ち登場って、建物に使うのはどうかなと思わなくもないですが、一年半もとなるとついこうも言いたくなります。

 

建物を取り囲んでいた布やらフェンスやらが取り払われてすっきり。やはり上野公園を歩いていてこちらが見えないと妙な気持ちになっていたものです。

お天気もよくて絶好の再開訪問日和となりました。再開は4月でしたが、リニューアル記念のこちらが始まるのを待っての訪問です。


入館前に敷地内の彫刻を見学します。入館する前からこれだけの作品が鑑賞できるのはさすが国立西洋美術館なんでしょう。

美術の教科書に絶対載ってるやつはやはり人気でこども達も「観たことある」と楽しそうでした。うんうん、その気持ちわかります。




どれもこれも素晴らしいですが、やはり迫力でいうと地獄の門でしょうか。ダンテの作品からインスピレーションを経て、ロダンが構築した混沌が詰まっています。


余談ですが、ダンテの「La Divina Commedia」を神曲と訳し日本に紹介したのは森鴎外だそうです。上野ゆかり人的トリビアでした。

前庭だけでもかなりの満足感を得ますが、日時指定の入場時刻が迫っています。今回のリニューアル企画はドイツのフォルクヴァンク美術館との共同企画です。

モネ、ゴッホ、セザンヌと日本で人気の高い画家作品が多くラインナップされてました。西洋美術館のリニューアル企画ですからって企画側の声が聞こえてきそうです。

撮影可だったので、自分的に好きなものをいくつか備忘録としてアップします。

しょっぱなからモネですね。きれい。


こうした風景画は安定感というか観ていると落ち着きます。風景画って現実なのに、印象派のそれは非現実的で夢の中のようにも感じました。




西洋絵画を見て毎回思うのですが、額装もめちゃくちゃすごいです。




一番好きな画家は?と訊かれたらゴーガンと答えます。





モネ


そしてゴッホですね。刈り入れはドイツから初来日だそうです。


淡い色の作品がイメージのモネですが、このアイリスくらいぱきっとした色使いの作品も素敵でした。


そうそう、ムンクさんの作品もあります。




とりは睡蓮、この時期はちょうど睡蓮が咲き始めたころです。上野の蓮池は先週観てきましたが、今年もわさわさ咲いてました。




新生西洋美術館にふさわしい幕開け企画、今後も楽しみです。

ますます上野熱が高まるのを感じます。

鑑賞後、クールダウンのため、居酒屋さんに寄りました。ちょくちょく寄ってるお店なんですが、


赤星あるとこが気に入ってます。



ーーー

メモ

リスケ中 青梅日帰り(吉川英治記念館、澤乃井)

    近隣でおすすめスポットありましたらご一報ください

2022年8月10日水曜日

久しぶりにハピバなランチです

今週は山の日あたりからお盆休みっていう方も多いんですかね。

私はこれまた見事な飛び石勤務でお仕事頑張りましょう、週間です。そんな中、義妹ちゃんのご実家から夏のご挨拶をいただきました。

日本酒のお供に最適な明太子、きゃーありがたい限りです。
 

たっぷり入ってます。小分けになってるのでちょっとずつ、使う分だけ解凍して日々活用中です。最近ちょっとあぶって食べるのにはまってます。


こっちは旦那さんようですかね。こんな商品があるとは知りませんでした。おしゃれでとっても可愛らしいです。


我が家からはお酒と美濃吉の冷やし茶碗蒸しのギフトを贈りました。なかなか直接お会いできない中、季節のご挨拶でこうして遣り取りしたり、お礼のお電話してちょっとでもコミュニケーションとれるとほっとします。感謝です。

こんな感じの近況ですが、ブログは5月の記事が今回でラストになりました。

この日は家人のお誕生日のお祝いにランチでお出かけです。上野から散歩がてらてくてく歩いて行きました。お店の目印はこちらの大きな鳥居です。

鳥居をくぐって、神社の手前にお店があります。


毎年、バレンタインとお誕生日にランチかディナーでお祝いしているのですが、ここ何回か緊急事態宣言だったり、まん延防止だったりでお酒提供✕と重なるなどして、ちょっと久しぶりのご招待になりました。


お祝いごとなので、シャンパーニュで乾杯です。


お料理はコースでアミューズ、前菜、魚料理、肉料理、デザートという構成でした。が、私今回何をぼーっとしていたというか久しぶりのお祝いで浮かれてたのかグラスワインやあ魚料理やら写真撮り忘れてます。

そのため、どんなメニュ-が出たのか、写真にないものはメニューを拡大してご想像ください。

アミューズは新タマネギの冷たいスープにズワイガニが添えられています。しっとり優しい口当たりと味わいでした。5月の末ですが、よく晴れて暑かったので、冷たいお料理でスタートは生き返ります。


パンも美味しかったです。


お酒はビールをはさんで、グラスワインの白をいただきました。シェフが熊本ご出身ということで、熊本のワインの菊鹿があったので、そちらの白をグラスで2杯いただきました。

前菜のお野菜も熊本のものだそうです。たっぷりなしらすと一緒にいただきました。盛り付けも丁寧できれいです。


お魚料理はメカジキ、これと菊鹿の相性がとっても良かったです。ほんとなんで写真撮ってないの私。

お肉料理は豚、メニューのピザ職人風という表記が気になってましたが、なるほど、チーズトッピングでした。


群馬のせせらぎポークというブランドだそうです。群馬の豚肉は昔から家族でよくいっていたとんかつやさんでいろんな銘柄があることを知ってましたが、こちらは多分初めてでした。とんかつやさんの影響か、群馬は美味しい豚肉がたくさんあるイメージ、せせらぎポークもそのイメージ裏切ることなく◎な豚肉です。

デザートは花火つきでした。ぱちぱちしてます。


ほんの少し煙かったけれど、お誕生日らしい演出をしていただき感謝です。


〆にアイスコーヒーをいただいて終了でした。


家からそんなに遠くなく、そこまで格式ばらず、いつもよりちょっとオシャレしていって、お祝い感がでるところという感じでいろいろ探してみて決めたお店ですが、とっても居心地がよく素敵なお誕生日ランチとなりました。

カウンターもあるし、おひとり様も大丈夫そうです。

食事の後はこちらの神社にしっかりよりまして御朱印もいただきました。



その後、浅草まででて、七味かったりお漬物かったりして帰宅、楽しい1日にったとさ。

ーーー

メモ

リスケ中 青梅日帰り(吉川英治記念館、澤乃井)

    近隣でおすすめスポットありましたらご一報ください

2022年8月3日水曜日

久々のイベントに感激です

先日ちょっとしたきっかけがあって、ニッケルハルパなる楽器の存在を知りました。
スエーデンの民族楽器のひとつだそうです。

初めて知ることがあると人に話したくなるものでして、早速友人に「ニッケルハルパ知ってる?あのね~」って語った私です。

友人の反応は「ニッケルなんちゃらを知るきっかけがあるところから議題にしたほうがいい?それともニッケルなんちゃらでききたい曲にダースベーダ-のテーマもしくはリングの曲っていうのをあげてくる残念な思考回路を慰めればいい?」でした。ちなみにニッケルハルパはとってもいい音色です。

ヨウツベなどに演奏動画がありましたので、気になった方はぜひ。

新しいで連想するのがシン○○ということでシンシリーズを鑑賞しました。平日休みは大体、朝一でホットヨガに行って、このくらいの上映開始時間に間に合います。この日はまたまた日比谷のTOHOでした。ビールも飲んでヨガあとの水分補給もしていますね。
 

今年の話題作のひとつと言っていいのではないでしょうか。私は小さい頃ウルトラマンを観ていないし、大きくなってからもシュワッチとバルタン星人くらいの知識しかないですが、それでも楽しく鑑賞できました。

怪獣出現で「え、使徒じゃん!」と思わず声が出そうになるエヴァ世代です。あと、メフィラス構文がツボにはまってしばらく職場で愛用してました。

お外でビール、私の好きなことばです。映画のあと、いくつか用事を済ませて、向かったのは日比谷公園です。この周辺をうろうろしてたわけですね。


コロナ禍でずーっとこうしたイベントは中止だったので、満を持しての開催ですね。実は用事のあと、シャンテのお寿司やさんに行こうと思ってたのですが、このお天気で参加しないわけにはいかないと急遽、当日予約で飛び込みました。思い立って大正解です。


初夏の陽気がすごく気持ちいいです。



早速いただきます。


えへへ。なんだかにやけてしまいました。





ちょうどステージではかわいいオクトーバーガールたちが踊って目の保養もできます。


歓声は上げれないので、拍手でステージを応援しつつ、三杯美味しくいただきました。


オクトーバーフェストが普通に開催されてたころはなんかしょっちゅう開催してるし、お値段もちょっと高いのよね~なんて思ったりもしてましたが、いやはや、帰ってきてくれてありがとう!オクトーバーフェストです。
公園の緑やお花もきれいで楽しい時間でした。


で、本来いく予定だったお寿司やさんに移動です。


ビールも美味しいけど、ここまできたら日本酒も飲まないと帰れません。


でも流石にいつもの瓶ビールはスキップして最初から日本酒の一ノ蔵でした。


板さんにオクトーバーフェストの感想つげつつ、汗かいたので塩っぽいものを所望したところ塩辛が出てきました。自家製の塩辛が塩っ気がきつすぎず好みの味わいです。


カクテルグラスで出るとオシャレ度ぐーんとあがりますね。確か春子鯛を梅とトビッコと和えたものだったかと。酸っぱいおつまみ好きです。


塩分補給しつつ、お酒も進む二ノ蔵でした。


これまたおしゃれな器で鮪のおつまみは海苔で巻いていただきます。


この日は三本目を一ノ蔵ではなく、薄濁りのおすすめのお酒にして貰ったのですが、銘柄が・・・確か秋田のお酒にしてもらったように思います。


ビールでお腹がたぷたぷの中、お酒も飲んだので、おつまみ少なめで握りです。夏は鯵の季節ですね。


鯵もですが、キンメをあぶって塩(炭塩)が抜群に美味しかったです。


映画観て、イベントもあって、美味しいもの堪能してと充実の休暇になりました。

今日比谷ではベルギービールのイベントが開催だそうです。

ーーー

メモ

リスケ中 青梅日帰り(吉川英治記念館、澤乃井)

    近隣でおすすめスポットありましたらご一報ください